2021年01月04日

旧年中は、なかなか更新もせずでした。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

何とか、16歳を迎えたクーベルちゃんですが、寒くなって少しだけ食欲が戻ってきている様子です。
瑠璃とチャコールは、ありがたいことに変わらず元気にいてくれています。

クーベルちゃんは寄る年波のせいか、抵抗力が落ちているらしく、皮膚と毛皮がボロボロになってきています
今までなら秋ごろには毛が生え変わりモコモコになっていたのですが、今年は夏毛からあまり変わらないどころか、皮膚が荒れて毛がところどころありません。
寒くなってきたころに、ペットショップさんで着る毛布なるアイテムを購入して、着てもらっています。

ぬくぬく
温かいですか?

相変わらずクーベルちゃんは、ドッグフードには見向きもしてくれません。
今はキャットフードパウチ、ササミジャーキー、鹿肉ジャーキー、人間用ビスケットやパン、ワンチュール、キャットフードのカリカリ(チャコールと瑠璃用)、時々人間用のとろけるチーズで生きています。
ここ最近、また牛乳を飲んでくれるようになってきました。
若い頃は大好きだったけど、ここ数年興味なくなっていました。お腹は壊したことはないです。
今どきの獣医さんには怒られるけど、食べないんだもん。
獣医さんが勧めてくれた「食欲のないワンチャンでもパクパク☆」てなドッグフードにも見向きもしないんだもの。
問題はあるかもしれないけど、それでも今日を明日を生きていてほしいと願ってしまう、私たちです。

また1年。特に夏は大変だろうけど、頑張って生きていこうね、クーベルちゃん。チャコールくん、瑠璃ちゃん!と私たち人間も。

2020年09月21日

お久しぶりです。
おかげさまで、クーベルちゃん、チャコールくん、瑠璃ちゃんの3匹は元気に過ごせています。
クーベルは、皮膚炎の痒みに苦しみましたが、服薬と塗布薬のW処方のお陰で収まり、どうにかこうにか夏を乗り切れたと思います。日々油断はできませんが、食欲も徐々に取り戻しているようです。

チャコールは、ストロバイトが快癒したようです。
一応オヤツとしてストロバイト対応の療法食を日々コツコツちょっとずつですが、与えています。
「美味しい方」と「美味しくない機能一点張り」とを混ぜてあげていますが、今のところ喜んで食べてくれています。排尿もスムーズみたいで、ほっと一安心です。

瑠璃は、最近撫でられるのが嫌みたいなのが気になります。
近日中に予防接種に行く予定ですので、併せて相談しようと思っています。


ブログは、デザインを変更しました。
HTTPS対応があったのですが、変更したからかデザインが崩れてしまいました。
思い切って変更して爽やかになったかな?

今年も残すところ3ヵ月強(!?嘘みたい…)ですが、今後ともよろしくお願いいたします。

apryn at 20:56|PermalinkComments(0)未分類 

2020年06月08日

書き込みが半年ぶりですが、我が家の一大事なのです。

昨晩、チャコールくんがトイレでいきんでいるのを短時間の内に何度も目撃してしまったのです。
便秘?それとも排尿障害??
どちらにしても、チャコールくんの大ピンチでした。

朝一で動物病院に駆け込んみました。
炎天下の夏日だったのでキャリーに氷嚢をタオルで巻いたものを入れて、自転車に括り付けて移動です。


検査の結果は便秘ではなく、膀胱炎だそうです。
ミネラル分の多いかつお節やフードが原因か、はたまた老化現象か
取り合えず、抗生剤の注射と、処方フードのサンプルを頂いて、帰宅。
暫くチャコールくんに触れませんでした。嫌われて。
でもサンプルフードはペロリと平らげていたので、今までの10倍くらいのお値段のフードを購入決定となりました。

今までの安すぎ!
実は5歳くらいまでは、割といいフードを与えていたのです。サイエンス・ダイエットプロとか言うブランドの。
が、飽きたのか、サンプルで時々あげていたお安いフードに目覚めたチャコールと瑠璃ちゃんは、お高いフードよりジャンクフードを好きになってしまい、お高いフードを見向きもしてくれなくなっていたのです。
サイエンス・ダイエットプロばかりあげては、残され捨て、あげては捨てを1週間頑張ったけれど、頑として「いらぬ」と。
泣く泣くお安いお財布には優しいフードに移行していたのですが、やはりダメなんですね。
猛省です。

取り合えず、フード2kgを注文。
届くまでは、追加の病院から頂いたサンプルフードでしのぎます。
頑張れ、チャコールくん。
気持ちよい日々を取り戻せるよう、私なりに頑張るね。

2020年01月20日

クーベルちゃんの体調ですが、3日経過して徐々に食欲が戻りつつあるようです。

木曜日~金曜日にかけては、殆ど何も食べられずで、とても心配して…いよいよお別れなのかと激しく落ち込み哀しみ、と大変でした。
が、点滴が落ち着いたからか、吐き気止めが効いたのか、あるいは全く違う原因だったのかは分からないのですが日曜日の夕方あたりから食欲を戻している気配を感じました。
今朝(月曜日)には、猫のフードをカリカリ出来るまでに。

新しい獣医さんに、うちのクーベルはここ2年ほどキャットフードで命を繋いでいると言うと、ちょっと怒られました。
だが、背に腹は代えられない。ドッグフードはカリカリだろうがウェットだろうが、全然食べてくれないので、獣医さんの言い分ですとクーベルは2年前の夏に餓死しています。それは絶対に嫌です。
あんまりキャットフードキャットフードと私とクーベルがうるさいからか、「食欲をそそるドッグフード」のサンプルを頂く。
もちろん 試しに与えてみましたが、見事にスルー。猫ちゃんたちももちろんスルー。ドッグフードは今のクーベルには無力なのですよ(諦め!)。

橋本病の血液検査の結果も速やかに教えていただきました。
問題なし。
ええ…
原因不明の体調不良だったとのこと。

「エコーで腫瘍の有無を調べますか?」
と獣医師に言われましたが、私は「した方がいい」or「した場合のクーベルの受ける時のストレスを拒絶したい」の気持ちで揺れ、母は断固反対。
クーベルにどうしたい?と聞けたらいいけど、聞いても答えを私が理解することはできないのがもどかしいです。
ただ血液検査では癌の兆候は無いとの事なので、エコーは今回は断りました。

老化現象、老衰…なんでしょうか

2020年01月17日

お久しぶりです。
IMG_0816
2020年1月3日頃撮影のクーベルちゃんです。
15歳を迎える事ができました



昨日のお昼まではとても元気だったクーベルが、突然食欲が無になり、1度だけだけど吐いて、ぐったりとし始めました。

昨年末に行きつけの獣医さん、それこそクーベルが我が家に来てからずっとお世話になっていた獣医師さんが引退され閉院してしまいました。
そろそろ新しい獣医さんに診てもらわないとな~と思っていたけど、予定は1月末を想定していたので、とてもうろたえてしまいました。

気付いたのが夜6時ころだったので、慌てて新しい獣医さんに初診で入りました。
お客様多い、待合システム新しい、カルテ書くのもうろ覚えがあったりで、大変時間がかかりました。

血液検査は特に問題ないそうです。数値の9割くらいが標準で、低い項目も誤差範囲で健康に支障はないとのこと。よかった~。
ただ、8年前から発症している橋本病に変化があるのかもしれないとの事で、血液検査の結果が後日出るそうで、結果を見てから治療の方針を決めましょうと。

元気が無いので点滴と、吐き気止めの注射を打ってもらって、何とか帰宅。8時半になっていました。

お散歩もなかなか歩かないので、行きの大半は抱っこ、通院も抱っこ&自転車&抱っこで、腕が疲れ腰に激痛が…(名誉の負傷)!
夜の12時頃と4時頃にもお散歩して、へとへとになってこの日が終わりました。
点滴後は点滴した箇所がぷっくりと腫れてタプタプした感じに。体に点滴液が吸収されると無くなるそうですが、これのせいかクーベルちゃんは5時間くらい落ち着きがなくウロウロし続けていて、とても心配でした。5時間経過してようやくウツラウツラと眠れるようになり、ちょっと安心しました。
5時~9時までぐっすり眠ってくれていたようです。よかった。ひとまずホッとしました。

検査結果を聞くまでクーベルの体力が持つといいんだけどと思うと、とても怖いです。




まぁ、そのあとにチャコールくん行方不明騒動とかがあって、私が就寝したのが朝の7時でした。
チャコールくんは何とか無事に見つかりました