クーベル観察誌

愛犬黒柴クーベルと愛猫の瑠璃&チャコールの時々日記。

カテゴリ:観察(クーベル)
ますます引きこもりに磨きがかかっている飼い主です。
本当にクーベルちゃんがいなかったら、一歩も家から出ない日があり過ぎて怖くなります。

そんなモノグサな私達は、ついにお散歩のついでにお買い物をするという暴挙に出ました。

お散歩を終えて、少し遠いスーパーにお出掛けを。
母が用事をしている間、クーベルと私はお外で待機。
お行儀よく母を待つクーベル。


母を待つクーベル0
「お母さん発見!」

店内に母を見付けて、お目目がキラキラになるクーベル。


母を待つクーベル1
レジで会計をしている母を凝視するクーベル。


私に気付くクーベル
「あ、いたんだ」
みたいな顔をされる私…。

こんな風にとても大人しく待てるクーベルと、落ち着きなくパシャパシャしている私でした。

クーベルは平均的な体重が12kgです。
が、今年に入ってから体重が減り、10.6kgに…。
年齢も年齢なので、今までかなり節制させていたオヤツ事情でしたが、少しずつ緩めています。
ただ夏の間は痩せていた方が楽なので、状況を見ながらです。


先日、クーベルのアニキ分で、クーベルが一番大好きだったワンコの急逝の知らせを受けました。
彼は14歳。
私もその子とも仲良くさせてもらっていたので、思わず涙と鼻水でボロボロになってしまいました。
もうクーベルもそんな時期に来ているのかと、時間が経つごとに考えてしまって、悲しい気持ちで情緒が安定しにくいです。ちゃんとしないといけないのに。
目いっぱい可愛がって、後悔する暇も無いくらい関わるしか無いかな。

カテゴリ:観察(瑠璃&チャコール)
お仕事の環境が変わり、在宅ワークが増えました。
お陰で我が家のワン&ニャンとの触れ合いが増えて、私はとても満たされています。ちょいちょい作業中のパソコンのキーボードの上を闊歩する猫様、作業中のパソコンと私の間で甘えてくる猫様との距離感が幸せであり悩ましくもありますが。

眠る可愛いチャコールくん
ふかふかの尻尾でお鼻を隠すチャコールくん。

チャコールは相変わらずとても穏やかで、人たらしで、可愛い男の子です。
瑠璃ちゃんを何よりも大事にするイケメンなのです。


舌なめずりな瑠璃ちゃん
瑠璃ちゃん。
基本穏やかだけど、兄のチャコールくんには時折塩対応をしちゃう、難しい乙女心を持つ女の子です。
多分、ちょっとくらい素直な気持ちを爆発させても嫌われないという安心感があるからかなと推測。
私や母にはベッタリ甘えてくれるんだけど。

でも、基本とても仲がいい兄妹。
喧嘩ゴッコも1日1~3回していますし、時々体を寄せて座っていたり、寝ていたりして微笑ましいのです。

カテゴリ:観察(クーベル)
瑠璃ちゃんの耳にできた脱毛が気になったので、彼女を獣医さんに診てもらおうと準備していたら、キラッキラのお目目で
「一緒に行きたい!」
と主張していたクーベルも、ついでに狂犬病の予防接種をしてもらおうと連れて行きました。

獣医さんにて

「だましたわねっ!!

顔がこわばり、診察台の上で大暴れするクーベルを何とか抑えて、血液検査と予防接種にこぎつけました。

クーベルは13歳。
熟女と言うか、もう老犬なのですね。
混合ワクチンの接種は免除されました。体の負担になるからって。
多分そろそろ狂犬病の予防接種も体の負担を考えたら、しない方がいいと言われそうです。
つらい。

瑠璃ちゃんの耳の毛脱毛は、懸念していたカビではなくて、単なる怪我だったらしいです。
ただ「耳は肉が薄いから(?)毛が生えにくい」と言われて、気の長い治療が必要だそうです。

カテゴリ:観察(クーベル)
お久し振りです。
クーベルです。


クーベル180209B
まぁまぁ元気です。
と申しますか、冬が一番元気です。
今でもテンションが上がると誰もいない公園で爆走したりしています。
昔ほど持久力はありませんし、急カーブでたまにズッコケてしまったりしますが、楽しそうに私と一緒に走ってくれたりしてくれています。

13歳になりました。

クーベル180209A

なかなかの熟女ではありますが、相変わらず可愛いのです。
既に抜け毛が始まっていて、母が綺麗に抜いてあげたがっていますが、もう少し、お水取りが終わるくらいまでは保温のために止めてと主張しています。

瑠璃とチャコールくんも元気です。
5歳になり、すっかり大人猫で、落ち着いてきました。少し寂しいです。

カテゴリ:観察(クーベル)
ちょっと色々とあって、クタクタな飼い主でしたが、ちょっと一息付けそうな塩梅になってきて、ほっと一息ついています。

飼い主事情はこの辺までで。

今日は遠出の日だったのですが、急きょご近所の公園に行きました。

珍しくカメラを持ち出せていたので、眩しい日差しを避けるように


DSC08228

まだまだしっかりと歩いてくれています。
振り返ってじっと姿勢を保つと、前足が震えている様子に、勝手に心を痛める私。
それでも、時々爆走している姿を見ると、やっぱり嬉しいし一緒に駆け回りたくなります♪

↑このページのトップヘ